メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全銀協

新システム 24時間振り込み稼働 キャッシュレス化見据え

24時間365日振り込み可能な新システムの稼働を記念してテープカットする全国銀行協会の幹部ら=東京都千代田区で2018年10月9日、土屋渓撮影

 全国銀行協会(全銀協)は9日、24時間365日いつでも他行の口座にお金を振り込める新システムを稼働させた。当日振り込みはこれまで平日の日中に限られていた。全銀行の7割超が参加。半数以上の銀行で土日も含めて終日、即時送金が可能になる。金融業界は決済のキャッシュレス化の促進にもつながると期待している。

 銀行間の振り込みは、全銀協が運営する「全銀システム」を使って行われている。これまでの稼働時間は平日午前8時半~午後3時半で、午後3時以降や土日祝日の振り込みは翌営業日にならないと相手に届かなかった。

 全銀システムを利用する1275の金融機関のうち、農林中金などを除く約500の銀行や信用金庫などが新…

この記事は有料記事です。

残り828文字(全文1128文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. いじめか 数人で男子生徒に暴行する動画をインスタに投稿 新潟青陵高校
  3. ふるさと納税でアマゾンギフト券100億円 泉佐野市が総務省に対抗
  4. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  5. 新潟・高1暴行動画拡散 近く県警に被害届提出へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです