メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジアパラ大会

2018・ジャカルタ 「幸せの国」から東京目指す ブータン、2選手初出場

女子エアライフル立射(運動機能障害)でアジアパラ大会に初出場したブータンのキンレイ・デム(右)=大会組織委員会提供

 【ジャカルタ成田有佳】ジャカルタ・アジアパラ大会に、国を挙げて障害者スポーツの普及を目指す「幸せの国」ブータンが、初めて参加した。昨年国内組織ができたばかりだが、今大会にはアーチェリーと射撃に男女計2選手が出場。2年後の東京パラリンピック出場を目指している。

 8日に行われた射撃の女子エアライフル立射(運動機能障害)には、キンレイ・デム(24)が出場した。

 緊張感もあって十分に力を発揮できず、結果は14選手のうち最下位。「練習ではもっと良い点数を出せてい…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです