メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記憶つないで

カネミ油症50年/下 救いの手、あまねく 基金つくり安定補償を

 「支援を求める被害者を全力で支えるのが私たちの役割だ」。8月27日、東京都内であった市民団体「カネミ油症被害者支援センター(YSC)」の運営委員会。伊勢一郎事務局長はカネミ油症が10月で被害発覚から50年を迎えるのを前に、未認定患者の救済など残された課題の解決に向けて活動していくことを改めて確認した。

 YSCは2002年6月、損害賠償訴訟の訴えを取り下げた患者らが国から仮払金の返還を求められた問題を…

この記事は有料記事です。

残り909文字(全文1111文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです