メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

注目アニメ紹介

「からくりサーカス」 藤田和日郎の名作がついにテレビアニメ化

テレビアニメ「からくりサーカス」のビジュアル(C)藤田和日郎・小学館 /ツインエンジン

 藤田和日郎(ふじた・かずひろ)さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「からくりサーカス」が、11日から順次、放送される。1997~2006年に「週刊少年サンデー」(小学館)で連載され、コミックスの累計発行部数は約1500万部を誇る人気作がついにアニメ化される。

 小学5年生の才賀勝は、父の事故死によって、莫大(ばくだい)な遺産を相続したことをきっかけに命を狙われる。中国武術を使う青年・加藤鳴海は、偶然にも勝と出会い、手を差し伸べることを決意する。

 勝を追ってきたのは、人間ではなく高い戦闘能力を持つ人形使いたちだった。窮地に陥った勝たちは突如、姿を現した懸糸傀儡(マリオネット)を操る銀髪の少女・才賀しろがねに助けられる。こうして出会った3人が、数奇な運命の歯車に巻き込まれていくことになる。

 アニメ初主演となる植田千尋さんが勝、「名探偵コナン」などの小山力也さんが鳴海、「新世紀エヴァンゲリオン」などの林原めぐみさんがしろがねを演じるほか、櫻井孝宏さんや佐々木望さん、黒沢ともよさんらが声優として出演する。「うしおととら」などのstudio VOLN(スタジオヴォルン)が制作する。放送はTOKYO MX、BS11ほか。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. センバツ「21世紀枠」候補9校を発表 釧路湖陵、八尾など
  5. 東名あおり 強固な犯意「常軌逸している」 懲役18年判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです