メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

絶対iPad使いはどれか欲しくなる! 2018年最新のiPad最大活用アクセサリー&アプリ(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

iPadの可能性を広げる周辺機器やアプリは、2018年の現在も続々登場しています。ここでは、「手書き入力」や「動画視聴」、「PCとしての使用時」に役立つアクセサリーとアプリをご紹介。

 

【私がレビューします!】
ITライター 酒井麻里子
IT関連の雑誌や書籍の執筆・編集に携わる。電子書籍閲覧や取材時のメモにiPadを活用。

 

手書き入力をする

iPadの可能性を広げる手書き入力。Apple Pencil非対応の2017年以前のiPadでも使えるペンをご紹介。

 

【iPadアイテム1】筆圧感知対応で紙に描くような感覚で描画できる!

スタイラスペン
ワコム
Bamboo Sketch

9698円

iOS専用の筆圧感知スタイラス。ワコム純正アプリのほか、主要な描画アプリやノートアプリに広く対応。アプリ側から設定を行うことで、利用可能に。ペン本体と替え芯、USBチャージャーをまとめて持ち運べるケースが付属します。

 

↑マグネット式USBチャージャーをペン本体に取り付けて充電を行う。1回の充電で16時間の使用が可能

 

↑ソフトとハード、2種類のペン先が付属。サイドの2つのボタンに機能を割り当てられる

 

↑アプリの設定画面で、電源をオンにしたペン先を画面につける。これだけで接続が完了

 

ショートカットボタンで作業を効率化できる
「パームリジェクション機能のある対応アプリなら、画面に手をついたまま書けます。操作の取り消しなどができるサイドのショートカットボタンも便利」(酒井)

 

【iPadアイテム2】PCとの連携も可能な高機能描画アプリ

 

描画アプリ
アドビ
Adobe Photoshop Sketch

無料

豊富なブラシを利用できる描画アプリ。複数のシートを重ねるように描けるレイヤー機能などを備えており、描いたイラストはPC用のPhotoshopでも扱えます。

 

↑ブラシの太さ選択などは、上下スワイプの直感的な操作で素早く行える。よく使う色を保存しておくことも可能。

 

 

使い方に迷うことなくすぐに描き始められる
「描き直しが簡単にできる点が、デジタルで絵を描く大きなメリット。画面構成がシンプルでわかりやすいので、初心者でもすぐに使えると思います」(酒井)

 

【iPadアイテム3】40時間の連続使用が可能な軽量&極細ペン

スタイラスペン
Heiyo
タッチペン極細

実売価格3999円

シリコン製のペン先を装備したiPad向けスタイラスペン。アプリの種類を問わずに利用でき、1回の充電でスタンバイ30日間、連続使用40時間を実現。ペンが画面から離れた後120秒経過すると自動で電源がオフになる機能も備えています。

 

↑手書きメモもなめらかに書ける。画数の多い漢字などは、ややゆっくり書いたほうがよさそう

 

↑ペン先は柔らかいシリコン製。ひとつのペン先で20000mの描画が可能で、交換用のペン先が3個付属されている

 

↑ペンの頭部分のシリコンキャップを開け、microUSBケーブルで充電。約4時間でフル充電が完了する

 

この価格でココまで書ければ文句ナシ!
「低価格ながら追従性が高く、メモ用としてならストレスなく使えます。筆圧感知機能には非対応なので、イラスト用には物足りないかもしれません」(酒井)

 

【iPadアイテム4】紙のノート感覚でストレスなく書ける!

アプリ
Time Base Technology Limited
GoodNotes 4

960円

指やペンからの入力で文字や図解を記録できるほか、PDFファイルを読み込んで注釈を記入することも可能。OCR検索機能を備え、手書き文字の検索もできます。

 

↑目的別などで複数のノートを作成して使い分けが可能。罫線は横罫、方眼、無地などから選択でき、表紙の柄も選べる

 

iPhoneとノートを共有できるのが便利
「指でもスタイラスでもスムーズに記入できます。他のiOS端末で使っている同アプリと同期可能で、iPadで記録したメモをiPhoneから確認できるのがイイ!」(酒井)

 

動画を見る

動画鑑賞時は、充電しながら端末を固定できるスタンドを。浴室での視聴には防水性能の高いケースが便利です。

 

【iPadアイテム5】iPad Proを充電しながらの動画鑑賞に最適!

充電スタンド
ロジクール
BASE FOR IPAD PRO

1万3910円

 

スマートコネクタに対応した12.9/10.5/9.7インチiPad Pro向けの充電スタンド。安定感のあるアルミ製のスタンドが大画面の端末でもしっかり支えます。画面の視聴角度は70度に固定されており、角度調整には非対応。

給電はスタンド背面のLightning端子から行います。動画視聴中にコードがじゃまになることもありません。

 

動画視聴中の充電切れの心配が不要
「スタンドに端末を固定すると同時に充電もできるので、バッテリー残量を気にしながら視聴する必要がなくなります。どっしりと安定感のある構造も◎」(酒井)

 

【iPadアイテム6】Touch IDにも対応する耐衝撃&完全防水ケース

 

防水ケース
カタリスト
カタリスト9.7インチ iPad完全防水ケース

2万120円

 

水深2mでも使える完全防水対応の9.7インチiPad向けケース。ケースを装着した状態でも各ボタンの操作が可能で、スピーカー音もクリアに再生できます。4段階に調整可能なスタンドが付属します。

付属のスタンドは浴室での動画視聴時などに役立ちます。音量ボタンなどもケースを着けたままでもしっかり操作可能。

 

ケース越しでも画面はクッキリ見やすい
「透明度の高いフィルムが使われているので画面が見やすく、タッチ操作も問題なく行えます。入浴タイムを有効活用するならぜひ使いたいアイテムです」(酒井)

 

PCとして使う

PCとしてiPadを使うなら、入力しやすいキーボードは欠かせない。書類作成用のOfficeアプリケーションもマストだ。

 

【iPadアイテム7】iPadで書類作成をするなら欠かせないアプリ

Officeアプリ
マイクロソフト
Office Mobile

1274円/月(※1)

WordやExcel、PowerPointといった書類作成アプリケーションをモバイル環境で利用できます。文書内に手書き入力で注釈などを記入できる「インクエディター」(※2)にも対応。

 

↑WordやExcel、PowerPointといったおなじみのOfficeアプリが揃っている。使い慣れたPC版に近い感覚で操作可能

 

PC版に準じた表示で操作しやすい
「クラウド上でデータを共有すれば、PCで作成中の資料の続きを外出先からiPadで編集することも可能。移動中などのスキマ時間を有効に使えます」(酒井)

 

【iPadアイテム8】9.7インチiPadをほぼPCとして使える!

キーボードカバー
ロジクール
SLIM FOLIO FOR IPAD

1万3910円

2017年および2018年発売のiPadをノートPCのように使えるキーボード付きカバー。安定感のあるキー入力が可能で、Apple Pencilを収納できるホルダーも用意されています。

 

↑閉じた状態ではキーボードとケース上部がマグネットで固定される。移動中に開いてしまう心配もない

 

文字入力の効率が格段に向上する!
「キーボードを使うと、iPadでの文字入力の早さが大幅に向上します。PCに近い操作感になるので、資料作成などに使いたい場合はとくにオススメです」(酒井)

 

※1:Office 365 Solo 月間プランの場合の料金。なお、Office365未契約の場合も、個人利用であれば10.1インチ以下の端末は閲覧・編集ともに無料。10.1インチを超える端末は閲覧のみ無料。また、業務利用の場合はOffice365の契約が必要となります。 ※2:Office365契約ユーザーのみ使用可能

まだまだある!iPadで使えるお役立ちアプリ

iPadで使える便利アプリでは、このほかにタスク管理や音声入力アプリもオススメです。やるべきことを正確に把握したり、音声で効率的に情報を入力したりすることで、時間を効率的に使えるようになり、仕事の効率もアップします。

 

タスク管理アプリ

Doist
Todoist

無料

タスクを「プロジェクト」とよばれる単位に分けて管理でき、1つのタスクに複数のリマインダーを設定可能。Googleカレンダーと連携すれば、登録したタスクをカレンダー上にリアルタイムで表示できます。

 

↑各タスクにリマインダーや優先度、タグをなど設定したり、コメントを入れたりできる

 

音声入力アプリ

shoki kin
Speechy Lite
無料

音声による文字入力アプリ。話した内容はリアルタイムでテキスト化され、画面上に表示される。改行や記号入力なども指定可能。入力したテキストはiOSのメモアプリに送信したりクラウドに保存したりできます。

 

↑入力内容をワンタップで英語に翻訳したり、英語で読み上げたりできる機能も搭載
【関連記事】
【今さら聞けない】LINEのトーク画面をカスタマイズする方法(背景画像の変え方)
美しすぎて……。Perfumeがきゃりーぱみゅぱみゅの影響でTikTokデビュー!
使い勝手の良いマウスは仕事効率を上げる第一歩! 「高機能なマウス」5選を決定
物議を醸しながらも大人気! ムダな機能を削ぎ落とした最新「タイプライター」
【インスタ】設定画面が見つからない…消えた?今どこに?最新の設定ボタンの場所はここ

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  4. リゼロ テレビアニメ第2期の制作決定 ティザービジュアルにスバルとエミリア
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです