メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北越戊辰戦争

市民ら参加の演劇「小千谷談判」DVDに 市立図書館で貸し出し開始 /新潟

 小千谷市民らが役者として参加し、5月2日に上演された「小千谷談判」がDVDとなり、同市立図書館で貸し出しが始まった。

 小千谷談判は1868年(慶応4年)旧暦5月2日に小千谷の慈眼寺で、長岡藩軍事総督、河井継之助と新政府軍軍監、岩村精一郎らとの間でもたれた会談。長岡藩の嘆願は拒絶され、会談は決裂。北越戊辰(ぼしん)戦争が激化していく歴史的な会談として知られるその場面が、まさに150年後、会談が行われた慈眼寺「会見の間」で、市民らによって上演された。

 河井、岩村を演じたのは高校生の2人。ほかに自営業者や教師など、公募で集まった職業や年齢もさまざまな…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文576文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コンサート 沢田研二さん本人が取りやめ 集客少なく不満
  2. 高齢男女死傷 埼玉・和光市のマンションで
  3. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  4. 神戸市 日本初の「こうべ花時計」 最後の花の植え替え
  5. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです