メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北越戊辰戦争

市民ら参加の演劇「小千谷談判」DVDに 市立図書館で貸し出し開始 /新潟

 小千谷市民らが役者として参加し、5月2日に上演された「小千谷談判」がDVDとなり、同市立図書館で貸し出しが始まった。

 小千谷談判は1868年(慶応4年)旧暦5月2日に小千谷の慈眼寺で、長岡藩軍事総督、河井継之助と新政府軍軍監、岩村精一郎らとの間でもたれた会談。長岡藩の嘆願は拒絶され、会談は決裂。北越戊辰(ぼしん)戦争が激化していく歴史的な会談として知られるその場面が、まさに150年後、会談が行われた慈眼寺「会見の間」で、市民らによって上演された。

 河井、岩村を演じたのは高校生の2人。ほかに自営業者や教師など、公募で集まった職業や年齢もさまざまな…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文576文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. F35戦闘機、105機購入へ うち42機は「空母」向けのF35B
  3. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  4. 京都・祇園 愛される芸妓へ一歩 「襟替え」
  5. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです