メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パナソニック

「環境との共存に貢献」 草津でエコミーティング /滋賀

工場敷地内にある「共存の森」を見学する三日月大造・滋賀県知事(左)ら=滋賀県草津市野路東2のパナソニックアプライアンス社で、礒野健一撮影

 パナソニックは、家電を中心に扱う社内カンパニー「アプライアンス社」の本社工場(草津市野路東)で「エコミーティング」を開いた。三日月大造知事や草津市の橋川渉市長らも参加し、CO2削減やリサイクルを考えた製品設計や、環境に配慮した工場運営などについて説明を受けた。

 アプライアンス社は2008年に草津工場を「エコアイディア工場びわ湖」とし、省エネ製品の開発や地域と連携した活動を…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. JR東日本 ホームに無人決済店 東京・赤羽駅で実証実験
  3. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  4. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証
  5. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです