メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

上方落語の地を散策 新聞記者が3年間の講座、本に /京都

 笑福亭純瓶さん(55)の落語を聴いたあと、登場する大阪の地名を一緒に訪ね歩く文化講座が1冊の本になった。著者は、全国紙記者で上方噺(ばなし)研究家の狐狸窟(こりくつ)彦兵衛さん(60)=本名・彦坂真一郎。「笑福亭純瓶と行く上方噺三十六景 落語散策そぞろ歩き」(発行所・レベル、1500円)は3年間の講座内容をまとめたもので、新聞記者らしい“足で稼いだ”データが随所にちりばめられている。

 「そぞろ歩き」は、33回分の講座と奈良、姫路、京都の番外編を収録。純瓶さんのお噺を基に、掛け合い漫…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文600文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
  2. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  3. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  4. ジャパネットたかた 再発防止命令 違法な価格表示で
  5. ことば 地面師

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです