メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重

名ばかり管理職に違法残業 労基法違反容疑で送検

鳥羽国際ホテル運営会社と代表取締役

 伊勢労働基準監督署は11日、権限や裁量のない「名ばかり管理職」の社員に、時間外労働に関する労使協定(三六協定)を締結せず違法残業させたとして、労働基準法違反の疑いで、鳥羽国際ホテル(三重県鳥羽市)を運営する伊勢志摩リゾートマネジメント(同県志摩市)と同社代表取締役(64)を書類送検した。

     書類送検容疑は3月1~31日、社員4人を「管理監督者」として扱い、三六協定を結んでいない状態で違法に残業させた疑い。

     関係者によると、ホテルは2015年と16年に是正勧告を受け、今年5月の調査でも違法残業が確認されるなど違反を繰り返していた。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
    2. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
    3. 安田純平さん 妻、会見し救出訴え
    4. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
    5. 救命 4階から中2飛び降り、対応の女性教諭に当たりけが

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです