メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

阪神の金本監督が辞任へ 成績不振で引責

阪神タイガースの金本知憲監督

 プロ野球・阪神の金本知憲監督(50)が成績不振の責任を取り、今季限りで辞任することになった。11日に兵庫県西宮市内の球団事務所で取材に応じた金本監督は「(辞任を球団に)伝えたのは昨日の試合後。(理由は)成績不振です。やり残したことはありますが、結果の世界ですから」などと語った。就任3年目の今季、チームは2001年以来17年ぶりのセ・リーグ最下位が確定していた。

 金本監督は16年から指揮を執り、同年は4位で、17年は2位でクライマックスシリーズ(CS)に進んだが、第1ステージで敗退した。今季は1試合を残して61勝79敗2分けだった。3年間の通算成績は203勝216敗9分け(10日現在)。

 金本監督は昨季オフに新たに3年契約を結んでおり、球団側は今月初めに続投の方針を示していた。甲子園での今季最終戦となった10日のDeNA戦後のセレモニーで、金本監督は「私の力足らずのため、こういう結果に終わってしまい、心より謝罪とおわびを申し上げたいと思います」とファンに謝罪していた。

 05年以来のリーグ優勝を目指した今季は主砲として期待した新外国人のロサリオの不振や主力選手のけがが響き、若手の伸び悩みもあってカバーできなかった。【村社拓信】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. サッカー日本代表 森保Jウルグアイ撃破 4得点で3連勝
  3. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  4. サッカー日本代表 南野、中島、堂安…世代交代で活性化
  5. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです