メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

津波対策

子どもの命が最優先 教育現場は不断の点検を

 宮城県石巻市立大川小学校の津波災害を巡る仙台高裁判決が4月に言い渡された時、教育関係者からは「判決が求めるような対策は困難」との不安の声が多く聞かれた。だが、各地の教育委員会を対象にした毎日新聞のアンケートで、判決の求めた対策について「実施済み」「検討する」との回答は44%。事前防災で教育現場に厳しい注文をつけた高裁判決について、半数近い教委は真摯(しんし)に受け止めているといえる。

 一方、2割の教委は「対応困難」を選んだ。その理由として、教職員の人数不足や専門的知識の欠如を挙げる…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文607文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです