メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

津波対策

大川小の教訓、生かす 各地で取り組み

引き渡し訓練で保護者と一緒に帰宅する地頭方小学校の児童ら=静岡県牧之原市で2018年9月5日、町野幸撮影

 東日本大震災の津波災害で児童・教職員84人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校の悲劇は、学校現場に大きな教訓を残した。子どもたちの命を守るためにどうすればいいのか。南海トラフ巨大地震による津波の危険が指摘される地域の取り組みを取材した。

保護者と一斉帰宅訓練 静岡・牧之原市、御前崎市

 海岸からわずか約100メートル、海抜4.8メートルに校舎が建つ静岡県牧之原市の地頭方小に向かって介護士の村松江利さん(37)は車を走らせた。この日は津波を想定した地域一斉の引き渡し訓練。近くの御前崎中で長男滉太さん(12)を迎え、次男大悟さん(10)が待つ小学校へ急いだ。校舎前に車を止め、裏山を歩くこと7分、次男を教員から引き取った。

 同小では、南海トラフ巨大地震で最大約11メートルの津波が約15分で来ることが想定される。避難訓練を…

この記事は有料記事です。

残り1630文字(全文1992文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良のシカでけが、最多 8割が外国人 “鹿せんべいで写真”じらされ攻撃的に
  2. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子
  3. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. フィリピンではしか猛威 136人死亡、拡大懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです