メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジアパラ

師匠は山県 井谷「アジアに続き東京でも金」

男子100メートル(切断など)で1位でフィニッシュする井谷俊介=インドネシア・ジャカルタで2018年10月10日、久保玲撮影

陸上男子100メートル 予選では11秒70のアジア新も

 【ジャカルタ谷口拓未】アジアパラ大会第5日の10日、陸上男子100メートル(切断など)決勝で初出場の井谷俊介(23)=ネッツトヨタ東京=が金メダルを獲得した。「楽しかった。まずはアジアを取ったので、次は(2020年)東京で世界一に」と目を輝かせた。

 2年前に交通事故で義足となり、本格的に陸上を始めてまだ1年弱。陸上男子短距離の五輪メダリスト、山県…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです