メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

科学 テントウムシ 一つの遺伝子が模様決める

研究けんきゅうグループ 特定とくてい成功せいこう

 自然科学研究機構基礎生物学研究所しぜんかがくけんきゅうきこうきそせいぶつがくけんきゅうしょ愛知県岡崎市あいちけんおかざきし)などの共同研究きょうどうけんきゅうグループは、テントウムシのはね模様もようめる遺伝子いでんし特定とくてい成功せいこうしました。英科学誌えいかがくし「ネイチャー・コミュニケーションズ」電子版でんしばん掲載けいさいされました。

     共同研究きょうどうけんきゅうグループの新美輝幸にいみてるゆき基礎生物学研究所教授きそせいぶつがくけんきゅうしょきょうじゅ分子昆虫学専攻ぶんしこんちゅうがくせんこう)によると、ナミテントウのゲノムを解析かいせきし、「パニア遺伝子いでんし」とばれる遺伝子いでんしに、黒色色素こくしょくしきそをつくるはたらきを活発かっぱつにする一方いっぽうで、赤色色素せきしょくしきそをつくるのをおさえるはたらきがあることをつきとめました。

     パニア遺伝子いでんしはこれまで、ショウジョウバエの背中せなかかたかかわる遺伝子いでんしとしてられていました。

     テントウムシのナミテントウには、200以上いじょうことなる模様もようがあります。実験じっけんで、サナギからパニア遺伝子いでんしはたらきをうしなわせたところ、黒色こくしょくのはんてんがなくなり、羽全体はねぜんたいあかっぽいいろ成長せいちょうしました。ななつのはんてんがあるナナホシテントウでおこなったおな実験じっけんでも、羽全体はねぜんたいあかみをびたことから「はね模様もよう決定けっていする遺伝子いでんし」と結論けつろんづけました。

     テントウムシのはねには、目立めだ模様もようがあります。にがくてまずいことを天敵てんてきにアピールするための警告色けいこくしょくとして機能きのうしています。

     これまでナミテントウの多様たよう模様もようは、ひとつの遺伝子いでんしによってもたらされていると予測よそくされていました。しかし、どの遺伝子いでんしかかわっているかは、まった不明ふめいでした。それがパニア遺伝子いでんしであることがわかり、ナナホシテントウでも、このひとつの遺伝子いでんしによって、いくつもの模様もようがもたらされていることがかりました。新美教授にいみきょうじゅは「天敵てんてきべられないようにするため、模様もよう変化へんかさせる重要じゅうよう役割やくわりたした」と分析ぶんせきしています。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
    2. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
    3. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
    4. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
    5. 尼崎 「学校だより」に他校記事 中学校長が無断転載

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです