メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 砂粒すなつぶ密度みつどひくく、地下水ちかすいふくんだ地盤じばんが、つよ振動しんどうけて液状えきじょうになる現象げんしょうです。通常つうじょう地盤じばん砂粒同士すなつぶどうしささって安定あんていしていますが、地震じしんれによってささいがくずれてバラバラになり、泥水どろみずのような状態じょうたいになります。地下水ちかすいあさながれている場所ばしょきやすくなっています。地中ちちゅうから泥水どろみずしたり、マンホールや上下水道管じょうげすいどうかんがったりします。建物たてものかたむいたりしずんだりする被害ひがいきます。

     今年ことしがつ最大震度さいだいしんど7を観測かんそくした北海道ほっかいどう地震じしんでも、沿岸部えんがんぶ苫小牧港とまこまいこう液状化えきじょうか確認かくにんされ、内陸部ないりくぶにある札幌市さっぽろしなどでも住宅じゅうたくこわれました。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 伊藤園 業界初、缶入り「とん汁」22日発売 豚肉なし
    2. ORICON NEWS 堺正章、沢田研二のドタキャン騒動に複雑「残念ですけど倍の力で…」
    3. ファミマ わさびが潜む「ロシアンルーレット」パン発売
    4. KYB 不正装置の建物名70件を公表
    5. 12階から自転車投げ落とす 殺人未遂容疑で男逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです