メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新潮45」問題を考える

杉田論文、自分なら載せますか? 元週刊現代編集長、元木昌彦さんに聞いた

元「週刊現代」編集長の元木昌彦さん(提供写真)

 性的少数者を「生産性がない」などと書いた杉田水脈衆院議員の寄稿を載せ、それを擁護する特集を組んだ「新潮45」が、「休刊」の名のもと、十分な検証のなされぬままに事実上廃刊となった。今回の件で、雑誌文化とノンフィクションの行方を憂える人がいる。「ヘアヌード」の仕掛け人で、1990年代には「週刊現代」の編集長として、創刊以来の最大発行部数150万部、週刊誌トップにまで売り上げを伸ばした元木昌彦さん(72)だ。世間をあっと言わせ、論争を巻き起こしたいのは編集者のサガ、と言う元木さんに、あえて聞いてみた。あなたが編集長なら「杉田論文」を載せましたか--。【聞き手・統合デジタル取材センター/小国綾子】

この記事は有料記事です。

残り2959文字(全文3258文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです