メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

停電

消えない信号機、整備率4.6% 費用高く普及に壁

 大災害などで停電しても、非常用電源で点灯する「消えない信号機」。この10年間で2倍に増えたものの、コストが高いため、全国の整備率は4.6%にとどまる。最大震度7を観測した地震で全国初の全域停電(ブラックアウト)が起きた北海道は1.5%だった。

 北海道警によると、3月末時点で道内にある1万3040の信号機に対し、非常用電源装置は199台。地震後の停電時、道警は主要交差点で警察官の手信号による交通整理を実施し、ピーク時には1273人が従事した。それでも、地震が発生した9月6日と翌7日には9件の事故が発生し、13人が重軽傷を負った。

 整備率が8.9%の静岡県でも、台風24号の影響で9月30日から今月6日にかけて広域停電が発生。県警…

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文799文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  3. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  4. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  5. 特集ワイド 結婚は「多くの人納得」必要? 女性皇族の「自由恋愛」定着したが…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです