メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

社会 ピカピカでピチピチ 新台所、豊洲市場オープン 決定から17年

新旧市場の競り
新市場と築地
新市場の様子

 大量たいりょう水産物すいさんぶつ青果せいか取引とりひきされ「日本にっぽん台所だいどころ」とばれた東京都中央卸売市場築地市場とうきょうとちゅうおうおろしうりしじょうつきじしじょう中央区ちゅうおうく)が移転いてんし、豊洲市場とよすしじょう江東区こうとうく)が11にちオープンしました。かべのない「開放型かいほうがた」だった市場しじょうは、温度おんど一定いっていたもつ「閉鎖型へいさがた」にまれわり、鮮度せんど衛生面えいせいめん向上こうじょう期待きたいされています。

     市場しじょう午前ごぜん開場かいじょうしました。午前ごぜん時半じはんからのマグロの初競はつせりをまえに、水産卸売業者すいさんおろしうりぎょうしゃ代表だいひょうが「築地つきじ上回うわまわ豊洲とよすのブランドをきずき、つぎの100ねんにつながる市場しじょうにしましょう」とあいさつ。一本締いっぽんじめをしてりがはじまりました。

     周辺しゅうへん道路どうろ市場しじょう出入でいりするくるま一時渋滞いちじじゅうたいしました。運搬車うんぱんしゃターレのぼやなどの混乱こんらんもありましたが、鮮魚せんぎょ青果せいかならび、はたらひとたちがあわただしくい、大型倉庫おおがたそうこのようなピカピカの市場しじょう一気いっきににぎわいました。

     築地つきじ老朽化ろうきゅうかなどで東京都とうきょうと豊洲とよすへの移転いてんめたのは、17年前ねんまえの2001ねんでした。やく6000億円おくえんをかけて、東京とうきょうガスの工場跡地こうじょうあとちつくられましたが、つちから有害物質ゆうがいぶっしつ確認かくにんされたり、対策工事たいさくこうじ不十分ふじゅうぶんだったりして、16ねん11がつ予定よていがさらに2年遅ねんおくれての開場かいじょうとなりました。

     場内じょうない一般見学いっぱんけんがくは13にちから、りをデッキからられるのは来年らいねんがつ15にちからです。「豊洲とよすブランド」なるか。注目ちゅうもくです。


    豊洲市場とよすしじょうのあらまし

    敷地面積しきちめんせき 築地つきじの1.7ばいの40.7ヘクタール

    にち取扱量とりあつかいりょう 水産物すいさんぶつ昨年さくねん築地つきじの1.5ばい青果せいかは1.3ばい(2023年度目標ねんどもくひょう

    空調完備くうちょうかんびの「閉鎖型へいさがた

    最高さいこう階建かいだ

    産地さんちから消費地しょうひちまで低温ていおんはこび、鮮度せんどたもつ「コールドチェーン」に対応たいおう

     ※東京都とうきょうと資料しりょうなどをもと作成さくせい

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
    2. 2018年問題 変わる「非正規」のルール 4月と10月
    3. ORICON NEWS 博多華丸・大吉、芸歴28年で初ANN 念願成就に喜び「まさか現実になるなんて…」
    4. コスモス 秋の大地、染め上げて 500万本見ごろ 兵庫
    5. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです