メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

スポーツ アジアパラ大会陸上男子100メートル 井谷選手が金

【アジアパラ大会・陸上】男子100メートル(切断など)で1位でフィニッシュする井谷俊介(右手前)。左端は2位の佐藤圭太=インドネシア・ジャカルタで10月10日、久保玲撮影
男子100メートル決勝、優勝しガッツポーズする山県亮太=山口市の維新みらいふスタジアムで6月23日、徳野仁子撮影

 インドネシア・ジャカルタでひらかれている障害者しょうがいしゃスポーツの祭典さいてん、アジアパラ大会たいかいで10とおか陸上男子りくじょうだんし100メートル(切断せつだんなど)決勝けっしょうおこなわれ、初出場はつしゅつじょう井谷俊介選手いたにしゅんすけせんしゅ(23)がきんメダルを獲得かくとくしました。

     井谷選手いたにせんしゅは2016ねんがつ交通事故こうつうじこみぎ膝下ひざした切断せつだん。17ねん11がつから義足ぎそく陸上りくじょうはじめました。陸上男子短距離りくじょうだんしたんきょりのオリンピックメダリスト、山県亮太選手やまがたりょうたせんしゅ(26)らと一緒いっしょ練習れんしゅうみ、ちからをつけました。

     「きんメダルをり、アジアでちからしめしたい」とレースにのぞんだ井谷選手いたにせんしゅ。「頑張がんばってほしい」とメッセージをおくった山県選手やまがたせんしゅ気持きもちに、最高さいこう結果けっかこたえました。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
    2. サウジ政府 「記者が死亡」公式に認める 18人を拘束
    3. 大相撲 日馬暴力事件 白鵬が聴取に「愛のムチ」発言(スポニチ)
    4. 初公開 長男亡くした悲しみ 中原中也直筆の喪中はがき
    5. 大塚家具 8割引きセールも…経営再建が難航、窮地に 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです