メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 モニタリングポスト契約解除訴訟 納入業者と県、和解 /福島

 福島第1原発事故後に設置した空間放射線量を測るモニタリングポスト(MP)の購入契約を解除されたのは不当だとして、納入業者の「福島電子計算センター」(福島市)が県を相手取り、契約金など約5500万円の支払いを求めた訴訟は12日、福島地裁で和解が成立した。和解条項に、設置した77台のMPの所有権を原告側が放棄することなどを盛り込んだ。県は費用を負担して全て撤去・廃棄し、契約金などは支払わない。

 和解を受け入れた理由について、原告代理人は取材に「契約解除が不当だという認識は変わらないが、訴訟の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  2. スリランカで6カ所爆発、129人以上が死亡 教会やホテル標的
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 1.3メートル「都内一低い」ガード下 頭上すれすれ電車が通る
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです