メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勝利の方程式

大和のアスリートたち 陸上・服部蓮太郎選手(桜井市立朝倉小6年) 父と二人三脚で1位に /奈良

走り込む服部蓮太郎選手=奈良県桜井市で、佐藤英里奈撮影

 桜井市立朝倉小の服部蓮太郎選手(12)は8月、横浜市で開かれた全国小学生陸上競技交流大会の6年男子100メートルに出場し、全国1位に輝いた。父の孝志さん(43)と二人三脚でユニークな練習に取り組むことで、めきめきと実力を伸ばしている。

 陸上を始めたのは小学4年の春。その秋には二胡奏者で整体師の孝志さんが桜井アスリートクラブを発足し、「楽しんで遊び感覚で走ること」をモットーにいっぷう変わった指導を受けるようになった。筋トレはせず、練習は多い時でも1日2時間ほど。バットで思い切り打った球を自分で走って拾いに行ったり、スキップでの鬼ごっこや電車…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文684文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです