メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勝利の方程式

大和のアスリートたち 陸上・服部蓮太郎選手(桜井市立朝倉小6年) 父と二人三脚で1位に /奈良

走り込む服部蓮太郎選手=奈良県桜井市で、佐藤英里奈撮影

 桜井市立朝倉小の服部蓮太郎選手(12)は8月、横浜市で開かれた全国小学生陸上競技交流大会の6年男子100メートルに出場し、全国1位に輝いた。父の孝志さん(43)と二人三脚でユニークな練習に取り組むことで、めきめきと実力を伸ばしている。

 陸上を始めたのは小学4年の春。その秋には二胡奏者で整体師の孝志さんが桜井アスリートクラブを発足し、「楽しんで遊び感覚で走ること」をモットーにいっぷう変わった指導を受けるようになった。筋トレはせず、練習は多い時でも1日2時間ほど。バットで思い切り打った球を自分で走って拾いに行ったり、スキップでの鬼ごっこや電車…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです