メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作の原点

染色工芸作家・柚木沙弥郎さん 気づきへの喜び今も

柚木沙弥郎さん=東京都渋谷区で2018年9月、西本勝撮影

 型染めの第一人者、柚木沙弥郎さん(95)の作品には「今」がある。色と形が織りなす躍動感は、多くの人を魅了してやまない。特に、今年、日本民芸館(東京都目黒区)で開催された個展は、若い世代を中心に大きな反響があった。創作の核には、幼少のころに芽生えた、気づきへの喜びがあるようだ。

 間もなく96歳を迎える作家は、来夏に神奈川県立近代美術館で特集展示が控えると話す。「あと1年と思ってやってるんですけどね。それで国内の展覧会はおしまいにしようかなと」

 東京市滝野川区(現・東京都北区)田端の生まれ。小学生のころ好きだったのは、駅のホームにあったほうろ…

この記事は有料記事です。

残り1499文字(全文1772文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです