メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

マウス雄同士から子誕生 生誕の子は2日以内に死亡

 マウスの雄由来の細胞と精子から子を誕生させたと、中国科学院のチームが11日付の米科学誌「セル・ステム・セル」電子版に発表した。遺伝子操作などの技術を使っており、哺乳類でも一定の手順を踏めば雄同士でも生殖ができる可能性を示したとしている。

 ただ、生まれた子は2日以内に死に、手法が不完全なこともうかがわせた。

 2匹の雌マウスの卵子から健康な子を誕生させる実験には、2004年に東京農大の河野友宏教授らが成功し…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文417文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. 記者のこだわり 不倫相手に請求できる? 離婚慰謝料訴訟 19日に最高裁判決
  4. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  5. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです