メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

東電強制起訴 16日から被告人質問 旧経営陣の津波認識は 調書「経営優先で対策保留」

3被告の認否(昨年6月の初公判で)

 東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電の勝俣恒久元会長(78)▽武黒一郎元副社長(72)▽武藤栄元副社長(68)の公判は16日に、東京地裁(永渕健一裁判長)で被告人質問が始まり、最大のヤマ場を迎える。今月3日まで約8カ月にわたって行われた証人尋問では、旧経営陣による津波対策の「先送り」の是非などを巡ってさまざまな評価や証言が出ており、無罪を主張する3被告の説明が注目される。【岡田英、蒔田備憲】

 「中越沖地震(2007年)で柏崎刈羽原発が停止して経営が悪化しており、さらに福島第1も止まるのはな…

この記事は有料記事です。

残り2277文字(全文2542文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 久間元防衛相 詐欺容疑で会長逮捕のテキシアのパーティーであいさつ
  2. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  3. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです