メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

カツサンド×新宿・歌舞伎町 父と、この街の懐で

イラスト 佐々木悟郎

 東京・新宿に「歌舞伎町一番街」の赤いネオンがともる頃、老舗とんかつ店「すずや」で弁当箱が二つ用意される。一つにはヒレカツを入れ、もう一つには自家製のソースをなみなみと注いでおく。

 弁当箱は近くにあるゴールデン街の「民芸酒房 SUZUBAR」に運ばれる。「すずや」社長、杉山元茂さん(65)の次女として生まれた文野さん(37)が経営するバーだ。ここでヒレカツはソースに浸され、食パンに挟まれて、カツサンドになる。ピクルスとローズマリーを添えるとバーの空気にしっくりなじむ。

 文野さんは幼い頃から父とキャッチボールをして遊んだ。姉の七五三で家族写真を撮る時は「着物もスカート…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文1035文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです