メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講演

身体を使って、ひらめき大切に AI時代の生き残り方を提唱 働き方コンサル 京丹後 /京都

「身体を使うこと」の大切さを訴える藤野貴教さん=京都府京丹後市網野町で、塩田敏夫撮影

 「テクノロジーの進化が暮らしや教育にもたらす変化とは」をテーマにした講演会が13日、京丹後市網野町であった。コンサルティング会社「働きごこち研究所」(愛知県)代表取締役でワークスタイルクリエーターの藤野貴教さんが講師となり、人工知能(AI)がさまざまな分野で普及する中、人間が身体を使い、人間らしい直感、ひらめきを持つ大切さを改めて訴えた。【塩田敏夫】

 京丹後青年会議所が「未知との出会い~テクノロジーを知って明るい未来を描こう」と題して開催した。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  3. TOHOシネマズ入場料100円値上げ 人件費増が要因 レディースデイも
  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演
  5. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです