メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア調査報道大会

データ活用した取材手法を共有

大会では、ミャンマーの少数民族ロヒンギャの迫害問題を取材していて実刑判決を受けたロイター通信の記者2人の即時釈放を求める声明も発表され、「ジャーナリズムは犯罪ではない」との横断幕が掲げられた=ソウルで6日

 アジアを中心に、調査報道に携わる各国の記者やジャーナリズムを支援するNGOなどが集まり、スキルや知識を互いに学ぶ「アジア調査報道大会」が5~7日に韓国・ソウルで開かれた。3回目の新しい取り組みながら48カ国から440人が参加した。日本では取り組みが遅れているデータを利用・分析する取材手法の報告もあった。初めて参加した記者がその様子を報告する。【日下部聡】

この記事は有料記事です。

残り2272文字(全文2451文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  2. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  3. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  4. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す
  5. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです