メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震

自衛隊が撤収 災害派遣

活動を終えた陸上自衛隊員を手を振って見送る住民たち=北海道厚真町京町で2018年10月14日午後4時17分、福島英博撮影

 北海道からの災害派遣要請を受け、胆振地方を震源とする最大震度7の地震直後から厚真町などで人命救助、給食・入浴支援などを続けてきた陸上自衛隊第7師団と航空自衛隊第2航空団(いずれも千歳市)が14日、現地の活動を終えて撤収した。

     第7師団によると、派遣は地震が発生した9月6日から39日間。被災地での行方不明者の捜索活動に取り組んだほか、厚真、むかわ、安平の3町で約14万食を提供し、給水支援も実施した。避難者が減少し、各町で食事の提供が可能になったことから、この日で支援活動を終了した。

     14日時点でも118人が避難生活を送る厚真町総合福祉センター前に整列した隊員に対し、町民約100人が「ありがとう」と口々に声を掛け、帰隊する隊員を見送った。【福島英博】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 京都大の吉田寮自治会が条件付き退寮表明
    2. 囲碁 小4仲邑菫さん、世界的強豪の壁高く
    3. はやぶさ2 あすリュウグウに着陸
    4. 空自戦闘機墜落 突発的トラブルか 異常、交信なく
    5. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです