メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震

自衛隊が撤収 計39日間活動

活動を終えた陸上自衛隊員を手を振って見送る住民たち=北海道厚真町京町で2018年10月14日午後4時17分、福島英博撮影

 北海道からの災害派遣要請を受け、胆振地方を震源とする最大震度7の地震直後から厚真町などで人命救助、給食・入浴支援などを続けてきた陸上自衛隊第7師団と航空自衛隊第2航空団(いずれも千歳市)が14日、現地の活動を終えて撤収した。

     第7師団によると、派遣は地震が発生した9月6日から39日間。被災地での行方不明者の捜索活動に取り組んだほか、厚真、むかわ、安平の3町で約14万食を提供し、給水支援も実施した。避難者が減少し、各町で食事の提供が可能になったことから、この日で支援活動を終了した。

     14日時点でも118人が避難生活を送る厚真町総合福祉センター前に整列した隊員に対し、宮坂尚市朗町長は「町民全員が被災者。折れ掛かった心を支えていただいた」と謝辞を述べた。町民約100人も「ありがとう」と口々に声を掛け、帰隊する隊員を見送った。見守っていた60代の男性は「復興を果たして、恩返ししたい」と話していた。【福島英博】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
    2. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
    3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
    4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
    5. ふるさと納税でアマゾンギフト券100億円 泉佐野市が総務省に対抗

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです