メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

バイエルン州議会選挙 穏健保革が反発 政権与党の一角大敗

 【ベルリン中西啓介】ドイツ南部バイエルン州議会選挙が14日投開票され、メルケル政権を支えてきた保守系地域政党・キリスト教社会同盟(CSU)が大敗、単独与党の座を失うことになった。CSU党首のゼーホーファー連邦政府内相は過激な難民対策を強行し保守層への浸透を図ったが、穏健な保守・革新層が離反した。ゼーホーファー氏は引責辞任を否定しており、選挙総括の行方がメルケル政権の先行きにも影響しそうだ。

 CSUは国政でメルケル首相が党首を務める第1党・キリスト教民主同盟(CDU)と統一会派を組み、CD…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです