メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太陽光発電

来春、未発電なら減額 買い取りで方針 経産省

 経済産業省は15日、太陽光発電など再生可能エネルギーに関する有識者の委員会を開き、固定価格買い取り制度の見直しを議論した。事業用太陽光(出力10キロワット以上)のうち、固定価格が高い制度開始後の2012~14年度に認定を受けたが運転していない発電所に対し、19年4月1日までに運転しなければ固定価格を減額する方針を示した。

 4月1日を過ぎた場合は認定時の固定価格を適用せず、運転開始時点から2年さかのぼった価格に下げる。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです