メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太陽光発電

来春、未発電なら減額 買い取りで方針 経産省

 経済産業省は15日、太陽光発電など再生可能エネルギーに関する有識者の委員会を開き、固定価格買い取り制度の見直しを議論した。事業用太陽光(出力10キロワット以上)のうち、固定価格が高い制度開始後の2012~14年度に認定を受けたが運転していない発電所に対し、19年4月1日までに運転しなければ固定価格を減額する方針を示した。

 4月1日を過ぎた場合は認定時の固定価格を適用せず、運転開始時点から2年さかのぼった価格に下げる。

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文759文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア”魔改造”の男、著作権法違反容疑で逮捕 群馬県警
  2. 銀牙 -流れ星 銀- 舞台版のビジュアル公開 イケメン俳優が犬に
  3. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  4. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  5. 厚真町で土砂崩れや雪崩を確認 北海道で震度6弱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです