メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オセロ最年少V

帰国便機長「36年前の私」(スポニチ)

世界一に輝き、授賞式で笑顔を見せる福地啓介さん=ユーチューブ「公式オセロチャンネル」より

 チェコの首都プラハで開催された第42回世界オセロ選手権で、初出場の小学5年の福地啓介さん(11)=神奈川県=が初優勝を果たした。賞金は5000ドル(約56万円)。

機内でサプライズアナウンス 機長が前記録者

 福地さんは小1だった2014年に「オセロ小学生グランプリ」で初出場ながら史上最年少優勝。翌年も勝ち、連覇を果たした。大人も交じる国内大会でも上位の常連。“オセロ界の藤井聡太”の異名が付いている天才少年だ。連盟は「今回も優勝候補の一角でした。準決勝で前年優勝者を破っているので、ぜひとも優勝してほしかった」と快挙に沸いている。

 福地さんは幼稚園のころに母親からオセロを教わり、すぐに夢中になった。オセロ教室などには通わず、タブ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです