メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風24号

破壊された地域猫の家 新居、月内完成目指す

平林加奈美さん(左)の周りに集まってきた猫。小屋の壊れた壁はブルーシートで覆ってある=2018年10月14日、山口政宣撮影

 台風24号の高潮で、伊勢湾に面した小さな漁港にある地域猫の家が壊されて2週間。保護活動を続ける平林加奈美さん(35)の元には、全国各地の篤志家から寄付や支援物資が集まり始めた。月内に新しい家の完成を目指すとしている。

 14日、キャットフードを持って再び訪ねた。前回来た時は吹きさらしだった小屋の南側の壁もビニールシートで覆われていた。平林さんの声を聞きつけて猫が集まってくる。小屋の中では猫が餌を食べ、身を寄せ合ってベッドで寝ていた。

 毎日新聞の報道で猫の家の被害を知った人から「猫のために」と5日間で18万円の寄付が寄せられた。また…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文558文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです