メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

本郷 和人・評『笑えて、泣けて、するする頭に入る 超現代語訳 幕末物語』

複雑な幕末の歴史を生きた言葉で語る

◆『笑えて、泣けて、するする頭に入る 超現代語訳 幕末物語』房野史典(ぼうの・ふみのり)・著(幻冬舎/税別1400円)

 幕末の歴史はややこしい。天皇を崇敬する「尊王」に、将軍への忠誠を大切にする「佐幕」。ただし、この二つは必ずしも対立しているわけではなく、新選組の近藤勇のように「尊王は日本人として当然だが、幕府の恩義も重い」という人もいる。「尊王」陣営でも、将軍を天皇のもとでの新政府に積極的に参加させようという土佐藩があり、武力倒幕にこだわる薩摩藩がある。

 一橋慶喜の将軍就任を推進したのが島津斉彬(なりあきら)で、斉彬の命を受けて奔走したのが西郷隆盛だっ…

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文939文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  4. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  5. ORICON NEWS 休養のガンバレルーヤよしこ、仕事復帰 TBS『東西ネタ合戦』収録に参加「より一層頑張ります」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです