メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ICT

建設業界「働き方」改革 公共工事に活用 ドローンで測量、GPS・モニターで掘削確認 /香川

山を掘削するICTを搭載したショベルカー=高松市東植田町で、岩崎邦宏撮影

 建設業の就業者が減少する中、公共工事に情報通信技術(ICT)を活用する動きが広がっている。生産性の向上や作業員の負担軽減につなげる狙いがあり、国の調査では作業時間が3割削減された。県発注の工事でも今年度からICT工事が始まり、業界の「働き方改革」が期待されている。【岩崎邦宏】

時間短縮、生産性向上 作業員の負担軽減へ

 高松市東植田町にある県道の拡幅工事現場で今月9日、ICTを搭載したショベルカーが山を掘削していた。ドローンで測量した3次元データと重機の全地球測位システム(GPS)から山を削る角度や距離を算出。作業員はそれらが表示されたショベルカー内のモニターを見ながら重機を動かす。

 従来は設計図に合わせて掘削の目印となる「丁張り」を設置。それに沿って作業ができているかを目視で確認…

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文1079文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです