メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

劇団四季

「オペラ座の怪人」 19世紀のパリ、舞台に再現 22日から仙台公演 /宮城

 22日から東京エレクトロンホール宮城(仙台市青葉区)で開幕する劇団四季のミュージカル「オペラ座の怪人」の舞台が報道陣に公開された。パリのオペラ座を模した豪華なシャンデリアと舞台を囲む額縁状の枠「プロセニアム・アーチ」が装備され、観客を待ち受けている。

 舞台監督の岩本佳之さんによると、前回の公演会場だった静岡市からトラック約60台に美術品や舞台装置を載せて仙台市まで搬送。9月25日から、劇場の改修工事や舞台装置の仕込みが続けられた。

 劇中で重要な役割を果たすシャンデリアは、高さ約2メートル、幅約3メートル、奥行き約1・5メートル、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  3. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
  4. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
  5. 透析中止・夫の手記全文 まさか「死ぬための入院」だなんて…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです