メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの食卓

第4部 誰と食べる?/5 会話はおいしさの隠し味

たき火で料理を作る地元の高校生ら=東京都世田谷区で、宮武祐希撮影

 ●公園で一緒に作る

 日が暮れてあたりが暗くなった10月中旬の午後6時過ぎ。東京都世田谷区立羽根木公園内にある冒険遊び場「羽根木プレーパーク」に、地元の高校生らが次々と集まってきた。自分たちでメニューを決め、一緒に作って食べる「夕食会」の始まりだ。中学生以上が対象で、毎月第2土曜日の午後6~9時に開かれる。この日は高校生6人と20代の会社員3人の計9人が集まった。

 世田谷区は区内4カ所にプレーパークを設置し、委託を受けたNPO法人「プレーパークせたがや」が運営し…

この記事は有料記事です。

残り1507文字(全文1740文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです