メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井、最年少新人王 16歳2カ月

 将棋の第49期新人王戦決勝三番勝負(しんぶん赤旗主催)第2局が17日、大阪市の関西将棋会館で指され、現役最年少の高校生棋士、藤井聡太七段(16)が奨励会の出口若武(わかむ)三段(23)に105手で勝ち、2連勝で優勝した。

 公式棋戦の優勝は、中学生だった今年2月の朝日杯将棋オープン戦に続き2回目。藤井は16歳2カ月で、森内俊之九段(48)=当時四段=が1987年に17歳0カ月で果たした新人王戦の最年少優勝記録を31年ぶりに更新した。

 第2局は藤井の先手番で、序盤で互いの角を交換する「角換わり」と呼ばれる戦いになった。定跡のような手…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文555文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです