メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ジュラ紀の海にピラニアに似た魚、ドイツで化石が出土

 10月18日、カレント・バイオロジー誌に掲載された研究によると、ドイツ南部のバイエルン州で、1億5200万年前のジュラ紀に生息していた硬骨魚の化石が出土した。魚は現在のピラニアのように鋭い歯を持ち、餌を噛み切ることができる。提供写真(2018年 ロイター/ Courtesy M. Ebert and T. Nohl)

 [ワシントン 18日 ロイター] - カレント・バイオロジー誌に掲載された研究によると、ドイツ南部のバイエルン州で、1億5200万年前のジュラ紀に生息していた硬骨魚の化石が出土した。魚は現在のピラニアのように鋭い歯を持ち、餌を単純に飲み込むのでなく肉を噛み切ることができるため、自身より体の大きな獲物を捕食できる。

     魚の学名はPiranhamesodon。体長は9センチほどで、ゾルンホーフェンに当時存在した海綿とさんごでできた礁に生息していた。知られている硬骨魚としては最古という。

     Piranhamesodonが出土したバイエルン州の石灰岩層からは、最古の鳥とされる始祖鳥の化石が出土している。

     ピラニアは南米の湖や川に生息する淡水魚。最古のピラニアが存在したのは1500万年前ごろで、Piranhamesodonはピラニアと似た特徴を持っているが、祖先でも近縁でもないという。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
    2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
    3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
    4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
    5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです