メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

樹木希林さんの岡ぼれ時代劇 唯一無二のチャーミングさ=ペリー荻野

 樹木希林さんが亡くなり、多くの情報番組では、その名演技や私生活、潔い生き方が紹介され、NHKでは病と向き合いながら仕事を続けた樹木さんに密着したドキュメンタリー番組も放送された。付き人もマネジャーも付けず、自ら車を運転して移動し、しんどいはずなのに、現場に入ればキリリと姿勢が正しい。その姿からは覚悟を決めた人のすごみみたいなものが感じられた。

 しかし、個人的にはそれだけが樹木さんじゃない!という気がしたのも事実。近年は映画俳優として「あん」…

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1022文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです