メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フードドライブ

余った食材、必要な人へ 県生協・米子で回収21、27日 困窮者や福祉団体へ寄付 /鳥取

 県生活協同組合(本部・鳥取市)は今月、家で余っている食材や、保存期限が間近に迫った災害用備蓄食料などを回収する活動「フードドライブ」を米子市内で実施する。集めた食べ物は福祉団体やこども食堂などを通じ、必要とする市民らに提供される。

 活動は「食品ロス」が問題化した40年以上前に米国で始まり、日本には20年近く前から各地に浸透。NPOなどの団体が、経済的に困窮している高齢者や一人親家庭、地域の福祉団体など…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で大流行 患者数の約7割が6府県と三重
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  4. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も
  5. 「AKB48」の握手会 はしか感染の男性参加 6日、大阪で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです