メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

ノルウェー・ヒトラ島 オーシャンファーム1 革命的な「外洋養殖」 油田技術応用、サーモン10倍

北海油田の技術を応用し、世界で初めて外洋でのサーモン養殖を実現したサルマール社の「オーシャンファーム1」=ノルウェー沖で2018年9月11日、加藤明子撮影

 日本とほぼ同じ国土面積に、北海道ほどの約530万人が暮らす北欧のノルウェーは、中国に次ぐ世界2位の水産物輸出国だ。IT(情報技術)などを積極的に取り入れて世界をリードするサーモン養殖の現場を訪ねた。

 「石油産業から水産業に優秀な人材が戻ってきた。以前は『魚くさい』と敬遠されたが、今はクール(カッコイイ)なイメージで、若者にも人気だ」。養殖大手サルマール社の販売ディレクター、ゲイル・バルさん(50)は胸を張る。

 ノルウェー中西部ヒトラ島から船で約1時間。50キロ沖合の海上に巨大なプラットフォームが現れた。昨秋…

この記事は有料記事です。

残り1629文字(全文1886文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  4. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです