メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台「魔界転生」

映像多用、新感覚の娯楽作 博多座・28日まで開催

 <日曜カルチャー>

 博多座で開催中の舞台「魔界転生(まかいてんしょう)」(山田風太郎原作、マキノノゾミ脚本、堤幸彦演出)は、島原の乱で敗れながら、死者再生の術(魔界転生)によってよみがえり、幕府滅亡を図る天草四郎の復讐(ふくしゅう)劇。剣豪ぞろいの魔界衆(荒木又右衛門、柳生宗矩(むねのり)、田宮坊太郎、宮本武蔵ら。全員死者)と、柳生十兵衛を頭とする柳生衆が激烈な戦いを繰り広げる。テレビドラマや映画の見せ方を熟知している演出の堤は映像を多用し、新感覚の娯楽作に仕上げている。

 たんなるアクション大作にとどまらず、親子や兄弟(姉弟)の絆、男同士の友情が丹念に描かれているのがポ…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1064文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 大谷、イチローの開幕戦を夜更かし観戦
  3. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  4. 仙台市博物館 政宗の愛刀公開 ゲーム「刀剣乱舞」効果? 反響「普段の数十倍」 /宮城
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです