メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

ウサギとネコ=永山悦子

 世界自然遺産への登録を目指す鹿児島・奄美大島を訪れたのは3年前。エコツアーで歩いた森で、水道管のパイプのような物体がそこかしこにあった。ガイドに聞くと、マングースをつかまえる「わな」だという。

 奄美大島には、アマミノクロウサギのような世界でも珍しい生きものが多く生息し、その生物多様性が世界遺産に値すると評価されている。だが、1979年に島へ持ち込まれたマングースが生きものを食い荒らし始めた。

 マングースは1万匹以上に増え、2005年には住民たちによる「マングースバスターズ」を結成。メンバー…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです