メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作業支援ロボット

重い荷物も軽々 東京理大発ベンチャーが開発

重さ約25キロの荷物も軽々運べるという=新宿区の東京理科大で2018年10月16日

 介護などで重いものを運ぶ際の負担を軽減する装着型の作業支援ロボット「マッスルアッパー」を、東京理科大発のベンチャー企業「イノフィス」が開発。同社は腰の負担を軽減する「マッスルスーツ」を製品化しているが、腕を上げるのを補助する機能を追加し、より高く重い物を持ち上げられるようになったという。

 マッスルアッパーは、ゴムチューブででき…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文363文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. ふるさと納税でアマゾンギフト券100億円 泉佐野市が総務省に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです