メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’18記者リポート

UIJターン 富山で就職、若い女性にPR /富山

2018年5月に移転オープンした「くらし・しごと支援センター」大手町オフィス=東京都千代田区大手町で、鶴見泰寿撮影

 全国的に進む地方の人口減に歯止めをかけるため、富山県は若い世代の県内に定着してもらおうと、県内へのUIJターンを進めている。2015年の北陸新幹線延伸開業以降、県内への移住者が増え、17年に過去最多にはなったが、近い将来に出産・子育てを迎える若い女性に限れば取り込めていないのが現状だ。県内出身者はもちろんのこと、県外の若い女性にも定住を考えてもらおうと、首都圏を中心に大都市圏の大学との間で就職支援に関する協定を次々と結んでいる。【鶴見泰寿】

この記事は有料記事です。

残り968文字(全文1191文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 火災 アパートで1人の遺体発見 東京・三鷹
  3. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 厚労省、「遺品なし」理由
  4. 辺野古移設「反対」67.6% 沖縄県民投票の世論調査
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです