メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

予見と責任をめぐって=山田孝男

 品質管理、安全対策より利益優先--の暴走に違いない。無理な目標設定が常態化し、数字のゴマカシがまかり通る腐敗。専門の分化が進み、基本・原則・全体を見失いがちな日本が問われている。

    ◇

 免震装置の検査データ改ざんはもちろん、原発事故強制起訴の公判で注目された、東京電力の元副社長の津波対策<先送り>否認も根は同じである。

 元東電幹部3人を業務上過失致死傷罪で強制起訴した刑事裁判の公判は昨年6月以来、既に32回。

この記事は有料記事です。

残り1147文字(全文1356文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです