メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

資源使用量

60年に2倍以上に OECDが予測

 金属、化石燃料など、生活や産業活動に必要な資源の使用量は、2060年に世界全体で11年の2倍以上にもなると予測した報告書を経済協力開発機構(OECD)が22日、公表した。採掘や燃焼などに伴う温室効果ガス排出の増加で、世界全体の排出量は1.5倍以上に上るという。

 報告書によると、世界全体の資源使用量が11年は790億トンだったのに対し、60年には1670億トンになると予測した。人口増加に加え、新興国や途上国で生…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです