メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「上毛かるた」を知っていますか? 1947年発行の群馬の郷土かるたで、「裾野は長し赤城山」や「歴史に名高い新田義貞」など名所旧跡や偉人が読み込まれている。小中学生を対象に毎年大会が開かれるため、群馬で幼少期を過ごした人ならば、ほぼ確実に暗唱できる。記憶力が衰えてきた40代の私ですらすべての札をそらんじられる。なお競技最高峰は県大会だ。

 「東京で大人のための全国大会をやったらどうか」。地域活性化のマーケティングに携わっていた群馬県安中…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 金属探知機ゲート前で待ち伏せか 容疑者の米国籍の夫 東京家裁・妻刺され死亡
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです