メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

10連休が浮き彫りにする労働格差

店に並び始めた来年のカレンダー。5月に元号から西暦へと表記が変わる商品や、西暦のみを記したカレンダーも=大阪市北区の梅田ロフトで、山田尚弘撮影

 来年のゴールデンウイーク(GW)は10連休に--。新天皇の5月1日即位に伴い、4月27日から5月6日までの10日間が土日祝日となる政府のプランに、喜びだけでなく悲鳴が上がっている。時給で働く人にとっては収入減に直結するためだ。休む人の穴埋めのため、連休どころか労働強化になる人もいる。「10連休」は労働現場の「格差」も浮き彫りにする。

この記事は有料記事です。

残り1941文字(全文2109文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです