メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

10連休が浮き彫りにする労働格差

店に並び始めた来年のカレンダー。5月に元号から西暦へと表記が変わる商品や、西暦のみを記したカレンダーも=大阪市北区の梅田ロフトで、山田尚弘撮影

 来年のゴールデンウイーク(GW)は10連休に--。新天皇の5月1日即位に伴い、4月27日から5月6日までの10日間が土日祝日となる政府のプランに、喜びだけでなく悲鳴が上がっている。時給で働く人にとっては収入減に直結するためだ。休む人の穴埋めのため、連休どころか労働強化になる人もいる。「10連休」は労働現場の「格差」も浮き彫りにする。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  2. 阪神大震災24年 石積みの「生」オブジェ灯る 宝塚市の武庫川中州で
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  5. わいせつ 元消防士に有罪 京都地裁 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです